So-net無料ブログ作成
デジモノ ブログトップ
前の10件 | -

DSC-RX100M7Gと諸々を購入しました。 [デジモノ]

どうもです。


ハイスペック・コンデジ、DSC-RX100M7Gとその周辺機器を
購入しました。

開梱

DSC_0024_R.JPG

DSC_0025_R.JPG

DSC_0028_R.JPG

DSC_0030_R.JPG

シューティンググリップキット

DSC_0033_R.JPG

こうなるわけで

DSC_0035_R.JPG

あと、チョイチョイ本体をいじっているときに、ハダカのまま使っているとやはりホコリと
キズが付くかも、、ということで高いと思いつつジャケットケースも購入しました。

DSC00017_R.JPG

まだ本体は入ってません。

DSC00018_R.JPG

DSC00019_R.JPG

本体入れました。

DSC_0037_R.JPG

カバーを外したところ。ケースの上部分は完全分離なんですね。

DSC_0038_R.JPG

あとはバッテリチャージャーを購入しました。最初は本体で充電していたのですが
やはりどうにも使い勝手が悪い。

DSC00020_R.JPG

DSC00021_R.JPG

DSC00022_R.JPG

周辺機器を購入して良かったと思ったことは、本体、グリップ、チャージャーそれぞれに
バッテリが同梱されていたこと。

このデジカメ、動画の録画に力を入れているようなので替えのバッテリはいくつかあっても
いい感じです。

周辺機器はソニーストアではなくアマゾンで買いました。
大して安くはなかったですけどね。あ、バッテリーチャージャー割安でした。


身障者の私ですがオモテに出る機会を作って画像や動画を撮りたいですね。



ソニー SONY ジャケットケース LCJ-RXK BC ブラック

ソニー SONY ジャケットケース LCJ-RXK BC ブラック

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: エレクトロニクス
ソニー SONY ジャケットケース LCJ-RXK CC ベージュ

ソニー SONY ジャケットケース LCJ-RXK CC ベージュ

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: Camera
SONY アクセサリーキット ACC-TRBX

SONY アクセサリーキット ACC-TRBX

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: Personal Computers
バッテリーチャージャーはアマゾンで買ったほうが安いですよ。



nice!(12)  コメント(14) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

15.6型のケースを購入しました。 [デジモノ]

どうもです。


私はまたノートPCを購入しました。

サイズは15.6型です。


大型のノートPCなので外にはほとんど持ち歩きませんが
ケースは必要だと感じまして。。

DSC_0004_R.JPG

こんなんです。

DSC_0005_R.JPG

小型のポーチも付いていて取り外しできます。

DSC_0006_R.JPG


さて、中身はなんのPCでしょう。

もう、バレバレかな( ̄∇ ̄)











タグ:VAIO S15
nice!(8)  コメント(7) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Xperia 1 Style Cover Touchが品薄なんだって・・・ [デジモノ]

どうもです。


表題のモノですが、auストアでいとも簡単に入手できました。
1週間前に。

auで扱っているのでau +1 Collection扱いですが、中身は
紛れもなくSONYの純正カバーです。

特に品薄のパープルが買えました。しかもポイントで。


DSC_0001_R.JPG


DSC_0002_R.JPG



賢く買いましょうよう。。







nice!(10)  コメント(9) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Xperia1のパープルに機種変更しました! [デジモノ]

どうもです。

お久しぶりです。


今日がauでは発売日であるXperia1に機種変更しました。

Xperia XZからの機種変更なので、我慢したな~という印象。


画面もデカイし、まだ使いこなせていないですけど、

今は充電中。


st52693_xperia1int-01.jpg


色はパープルでカバーは買っておいたELECOMのゼロショックのブラック。

いじり倒すのは明日からかなぁ・・・



ゼロショックはねぇ、ノートパソコン用のものも結構いいのですよ。
ストラップ・ホールも付いていて申し分なし。




nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

VAIO S11(LTE搭載モデル)の格安SIMを変更しました。 [デジモノ]

どうもです。


タイトルのとおり、VAIO S11のSIMを変更しました。

VAIO S11購入時に一緒に契約した、アドベント株式会社さんのSIMを
3月末~4月いっぱいで解約し(アドベント株式会社さん、ゴメンナサイ)
もう少しリーズナブルなSIMに変更です。

候補としては、IIJmioとかmineoとかでしたが、ここはコスパ優先の選択で
FREETELにしました。

FREETELのSIM申し込みパックをAmazonで購入しましたが、その後で、
FREETELさんに消費者庁から措置命令のニュースが飛び込んで来ました。

業界ナンバーワンの速度などを謳っていましたが、それは違った、ということで。。

私は、ネットで評判を調べていて、それは正しくない表示だと知っていました。
なので、さほどショックでもありませんでした。

299円(ニクキュー)と宣伝しているとおり、格安なのでそこに惹かれました。
私は月によって通信量が大きかったり小さかったり極端になるので、ここの従量制が
ピッタリだと思ったのです。
節約モードは使いものにならないほど遅い、と非難の的のようですが、高速モードは
ソコソコ使えると考えました。

で、5月1日、本日!SIMが届きました。

DSC_0174_R.JPG

VAIO S11のSIMスロットはマイクロSIMですが、某ソニーショップのブログ様の指南で
汎用性を持たせるため、もっと小さいナノSIMで申し込みました。

で、SIM変換アダプターを使うことに。(推奨はされていません。自己責任です。)

DSC_0175_R.JPG

DSC_0176_R.JPG

DSC_0180_R.JPG

こちらが、送られて来たSIMカード。

DSC_0181_R.JPG

docomoの絵が入っていると思ったら、真っ白。

DSC_0183_R.JPG

設定はこちらに書いてあります。

DSC_0184_R.JPG

これがナノSIMです。小さい。

DSC_0185_R.JPG

ナノSIM→マイクロSIMに。

DSC_0186_R.JPG

ウラはシールで止めます。

DSC_0187_R.JPG

VAIO S11のSIMスロットに挿します。

DSC_0189_R.JPG

注)もっと奥まで挿さります。

DSC_0190_R.JPG

で、設定。楽々です。で、再起動して。。

DSC_0192_R.JPG

試しにWi-Fiを切ってみましたが、すぐにつながりました。

DSC_0193_R.JPG

少しだけネットを使ってみましたが、午前10時くらいの時点では遅くもなくまあ普通に使えました。


参考にさせていただいたブログはソニーショップ ONE'Sさんのものです。
こちらの説明はわかりやすいです。(takuさん、また引用、ゴメンナサイ)






SIMの変換アダプターはこちら。



まあ、おいおい使ってみて、また新発見があったら取り上げてみたいと思います^^




車載用のハンズフリーヘッドセット(イヤフォン)を購入しました! [デジモノ]

どうもです。

タイトルのものですが、日本製ではありません。

Abusun Car Charger Bluetooth Headset 

というのが正式名称です。Abusunというブランドです。
以前に車載用のハンズフリーヘッドセットをAmazonで物色していたのですけど、
たまたま買いたい候補に入っていたこの製品がタイムセールで49%OFFになっていたのです。

まあ、車を運転中にスマホに電話が入ることが結構あるので、こういった製品がほしかったのです。
イヤフォンタイプではなく、オープンタイプのものもあったのですが、同乗者に会話の全容が
分かってしまうのもなんなんで、こちらにしました。

この製品の副産物をもう書いてしまいますが、先月購入したAPlayイヤフォンの自動読み上げ機能
(APlayアプリ:スマホの通知を読み上げてくれる・・・ツイッターなどの文章も読み上げてくれる)
が、機能することがわかったのです。

おそらく、この製品もBluetooth接続のイヤフォンなので、APlayアプリと相性がよかったのでしょう。
車を運転中も安全にスマホの情報を聞くことが可能になります。

 

ということで、開梱の儀。色はゴールドとシルバーがありますが、ゴールドを選びました。

DSC_0130_R.JPG 

この製品には、充電用の1Aと2.1AのUSB端子も備わっています。 

DSC_0128_R.JPG

DSC_0126_R.JPG

DSC_0127_R.JPG

開けました。イヤピースのサイズ違いが2個とUSB延長ケーブルが同梱されていました。

DSC_0132_R.JPG

製品の先っぽは、非常用ハンマーになっているアイディアもGoodです。
非常時に車のガラスを割ることができます。USB端子も見えますね。 

DSC_0133_R.JPG

DSC_0134_R.JPG

イヤフォンを外してみます。着信があった場合、取り外すと受話、元に戻すと終話になります。

DSC_0135_R.JPG

イヤフォン部。

DSC_0136_R.JPG

マイクの穴が空いています。反対側にも空いていましたが、あれもマイクかな・・・

DSC_0138_R.JPG

Bluetoothのペアリング。Xperia XZ(Android7.0)で。
Q600がこの製品。APlayも入っています。

Screenshot_20170301-171249_R.jpg 

信頼できる端末にしておきましたが、必要なかったかも。。 

Screenshot_20170301-184418_R.jpg

Screenshot_20170301-184441_R.jpg

写真がアレですが、ソケットに挿した様子。これで充電もされます。

DSC_0141_R.JPG

取説。日本語じゃないし、見づらい。。ちなみにペアリングはイヤフォンの天井部分
(スイッチになっている。)を8~10秒長押しするとペアリングできます。)

2017年03月01日23時37分28秒0001_R.jpg

2017年03月01日23時37分28秒0003_R.jpg

2017年03月01日23時37分28秒0004_R.jpg

2017年03月01日23時37分28秒0002_R.jpg

まあ、楽しく使わせていただきます。

 



 


nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

音声アシスト搭載ヒアラブル「APlay/エープレイ」NA1L(イヤフォン)を購入しました! [デジモノ]

どうもです。

タイトルのものですが、株式会社ネインさんがクラウドファンディングで
集めたお金で開発したワイヤレスイヤフォンです。

スマホの通知を音声で読み上げてくれたり、音楽を聴くこと、通話もすることが
できます。

http://www.nain.jp/aplay/na1l/

同じような(というと語弊があるかもですが)もので、ソニーのXperia Ear XEA10も
ありますが、こちらのほうが、安価で色々な事が出来るかもです。
音楽もステレオで聴けるし。

APlayアプリは、細かく改良を加えられているようで、その辺もGoodです。

 

では、開封の儀。

DSC_0113_R.JPG

フタ?はマグネットでとまるようになっています。

DSC_0114_R.JPG

DSC_0115_R.JPG

DSC_0116_R.JPG

DSC_0117_R.JPG

DSC_0119_R.JPG

イヤピースは大中小の3種類。初めから本体に付いているのは「中」のようです。

DSC_0120_R.JPG

私の耳には「小」が合うようです。
このままでもいいのですが、外れそうなのでサポート部品?(小)を付けました。

DSC_0121_R.JPG

こんな感じ。

DSC_0123_R.JPG

コントローラー部。ここの横に充電用microUSB端子があって、ゴムでフタがされています。

DSC_0124_R.JPG

Google PlayからAPlayアプリをインストール。

Screenshot_20170130-113536_R.jpg

あとで、付属の取説を載せますが簡素です。
このアプリのセットアップ時の説明が取説を兼ねているようです。

Screenshot_20170130-113641_R.jpg

ペアリング。
先にペアリングを済ませてもよいし、ここでペアリングしてもよいようです。 

Screenshot_20170130-113916_R.jpg

Screenshot_20170130-114005_R.jpg

Screenshot_20170130-114128_R.jpg

Screenshot_20170130-114305_R.jpg

Screenshot_20170130-114327_R.jpg

Screenshot_20170130-114346_R.jpg

Screenshot_20170130-114400_R.jpg

Screenshot_20170130-114421_R.jpg

読み上げるアプリを選択します。デフォルトでは全部選択されていました。 

Screenshot_20170130-114458_R.jpg

セットアップ終了。
紙の取説が詳しくないので、以上である程度覚えなくてはなりません。
※2017.01.31注)株式会社ネインさんのAPlayのホームページに
 マニュアルの項目があります。こちらを参照するとよいと思います。
 

Screenshot_20170130-115704_R.jpg

使っているとこういう選択もできます。

Screenshot_20170130-115847_R.jpg

Screenshot_20170130-115925_R.jpg

紙の取説です。

2017年01月30日10時56分05秒0001_R.jpg

2017年01月30日10時56分05秒0002_R.jpg

2017年01月30日10時56分05秒0003_R.jpg

2017年01月30日10時56分05秒0004_R.jpg

 

使った感想・・・と言っても、まだほんの少しですが、
面白いです。スマホ(私の場合はXperia XZ)の画面を確認する手間が
結構省ける感じです。

私はAmazonで手に入れましたが、レビューに、充電時、
「オレンジのLEDで充電中、充電完了が白のLED点灯」が取説に書かれていない、
など、まだ少しそういう部分が洗練されていない感じもあります。

まだ、ユーザー数も少ない感じですが、確実に面白くて便利な
Bluetoothイヤフォンだと思います。

15分おきに時刻の通知も自動的にしてくれますし、選択したアプリに
受信が入ると読み上げてくれるし、もっと使い込んでみたいと思います。

あと、OSはAndroidに対応していて、iPhoneはこれから対応のようです。

APlayアプリのアップデートでの機能アップにも期待します。

 



 

最初の製品も扱っているようです。



 

 


タグ:APlay NA1L

au版Xperia XZ SOV34をAndroid7.0 Nougat(ヌガー)にアップデートしました。 [デジモノ]

どうもです。

タイトルのとおり、au版Xperia XZをヌガーにアップデートしました。

公式には、au版は1月18日18:00からアップデート開始OK、1月20日にメールで
アップデート可の通知が来る予定でした。

ですが、18:00前からダウンロードが可能になっていました。
ネットの掲示板によると15:00頃からすでにダウンロード可能だったようです。

ちなみに、docomo版のXperia XZはもうすでにアップデートサービスが始まっています。

 

私は17:26にダウンロード可能を確認。 

Screenshot_20170118-172827_R.jpg

ダウンロード終了。 

Screenshot_20170118-173058_R.jpg

更新の確認。今すぐインストールへ。 

Screenshot_20170118-173128_R.jpg 

インストール中です。。画像が見苦しくてすみません。

2017-01-18 17.35.04_R.jpg

2017-01-18 17.58.46_R.jpg

更新されました。更新時間は40分くらいでした。

Screenshot_20170118-180544_R.jpg

ヌガーの売りのひとつ、マルチウィンドウ。

Screenshot_20170119-121310_R.jpg

更新後の感じとしては、タッチ操作もサクサク感が増した感じで、
使い勝手もよろしいです。

バッテリーの保ちも多少よくなった感じがします。
まあ、イロイロいじってみたいと思います。

ところで、マルチウィンドウが可能になるのなら、タブレットも魅力が出てきます。
ですが、ソニーモバイルはXperia Tabletから撤退?しています。

なので、一瞬本気で既存のXperia Z4 Tablet とか欲しくなりました。
au Online Shopではまだ取り扱っているんですよね~。

Xperia Z4 Tabletもヌガーへのアップデートが可能になっています。 

 

 

 


Xperia XZ にUSBマウスを接続~[AUKEY USB C to USB 3.0 変換アダプタ ] [デジモノ]

どうもです。

またまた、Xperia XZ 用にUSB Type-C のアダプタを購入しました。
いくつ目?(苦笑)

今まで購入してきたUSB Type-C アダプタやケーブルはOTG(On-The-Go)機能が
ありませんでした。

で、今回の製品、USB Type-CとUSB Aを備える変換アダプタとなっています。
しかも、OTG機能対応を謳っています。

 

外箱。まるでマッチ箱のように簡素です。

DSC_0107_R.JPG

中身です。アダプタと説明書(保証書?)

DSC_0108_R.JPG

小っちゃいです。

DSC_0110_R.JPG

DSC_0111_R.JPG

USBマウスに装着します。

2017-01-07 17.37.02_R.jpg

Xperia XZ のUSB Type-C端子に挿します。

2017-01-07 17.37.29_R.jpg

で、認識されれば、マウスカーソルが・・・しかし、マウスカーソルが表示されません。
不良品か?とも思いました。だって、Xperia Z1 の時は別のOTGアダプタで挿すだけで認識していました。 

正解は、Xperia XZ にはUSB機器を認識させる設定があるのでした。

設定を開きます。

Screenshot_20170107-173524_R.jpg

Screenshot_20170107-173748_R.jpg

機器接続をタップ。 

Screenshot_20170107-173803_R.jpg

USB接続設定をタップ。 

Screenshot_20170107-173817_R.jpg

USB機器を検出をタップ。 

Screenshot_20170107-173827_R.jpg

説明が表示されてOKをタップ。 

Screenshot_20170107-173846_R.jpg

マウスが認識されました。ランプが光っています。

2017-01-07 17.39.35_R.jpg

カーソルも表示されました。

2017-01-07 17.44.20_R.jpg

カーソルがハッキリ見えるように、エディタ(Jota+)を起動。

2017-01-07 17.46.40_R.jpg

Xperia Z1 とは違い、USB機器を認識させる設定がチョット面倒ですが、無事認識されました。
同様の手順で、USBメモリも認識します。ファイラー(ESファイルエクスプローラなど)からアクセス出来ます。

あと、XZ本体の設定でこういうのも・・・

Screenshot_20170107-173949_R.jpg

 

OTG仕様のアダプタも探していたので渡りに船でした。
使用頻度は少ないかもしれませんが、1コは持っていたい周辺機器です。

また、スマホにUSBのマウスやキーボードを使うことができます。

 

 


AUKEY USB C to USB 3.0 変換アダプタ 新しいMacBook Proなどに対応 CB-A1

AUKEY USB C to USB 3.0 変換アダプタ 新しいMacBook Proなどに対応 CB-A1

  • 出版社/メーカー: AUKEY(オーキー)
  • メディア: 付属品

 

 


Xperia XZ 用にまたもや、USB Type-Cケーブルを購入しました! [デジモノ]

どうもです。

前の記事で、阪神タイガースのカレンダーを1,216円で買いましたが、
Amazonでは、現在プライム会員になっていないと2,000円以上買わないと
送料が350円かかってしまう。。

プライム会員になればいいのですけど、なぜかならない。

で、ギリギリ2,000円を超えるように買うのですが、このType-Cケーブルを
899円で買うことで解消しました。

Type-C端子を使っているのは現在、Xperia XZだけなんですけど、
対応端子のもの7つ目です。アホでしょ。。(汗)

 

パッケージは簡素。

DSC_0084_R.JPG

DSC_0085_R.JPG

ただし、ケーブルの長さが15cm。ここに注目しました。

DSC_0086_R.JPG

しかも、急速充電に対応していて、ケーブルもシリコンを使っていて柔らかく、扱いやすい。
モバイルバッテリーとXperia XZをつなぐのにちょうどよいと思ったわけでして。。

2016-12-22 10.01.26_R.jpg

端子部も抜き差しジャストフィット。

2016-12-22 10.01.43_R.jpg

 

ただ、これだけのことですけどね。。

あと、後日、記事にしよーかなーと思っているんですけど、Xperia XZとノートPCのテザリングに・・
このケーブルを含む、有線で行おうかとのもくろみもありまして。。

何で、Wi-Fiテザリングとか、Bluetoothテザリングとか無線のほうが使いやすいのに
今さら有線を使おうと思ったのか。。

無線だとバッテリーの減りが早いですけど、ノートPCとUSB接続すればXZに充電しながら
テザリングが出来るという。。そういう理由です。

まあ、それは、あとでね。

 



 

 

 


前の10件 | - デジモノ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。